小型木質バイオマスガス化熱電併給システム事業化ワーキンググループを立ち上げました

再生可能エネルギー先駆けの地を目指す福島県では、これまで再生可能エネルギー分野への進出を幅広く支援するため「福島県再生可能エネルギー関連産業推進研究会」の活動を進めて参りました。

これまでの研究会の活動の中から、企業同士がグループをつくり、福島発の新たな技術を用いた、製品化・事業化の動きが生み出されています。

今月25日に、福島県内で広く分散型小型木質バイオマスガス化事業の展開を目指す、「小型木質バイオマスガス化熱電併給システム事業化ワーキンググループ」を立ち上がりましたので、ご報告いたします。