ふくしま発 小型分散型メタン発酵システム事業化プロジェクト(事業化ワーキンググループ)を立ち上げました

 平成29年10月20日に、企業グループによる取組の第3弾として、ふくしま発の技術による食品残渣を活用したメタン発酵システム事業の展開を目指す、「ふくしま発 食品残渣メタン発酵システム事業化ワーキンググループ」が立ち上がっていました。

 この度、令和2年10月23日に、食品残渣および家畜糞尿等のメタン発酵システム事業の拡大展開を目指す、「ふくしま発 小型分散型メタン発酵システム事業化プロジェクト(事業化ワーキンググループ)」として、新たな企業も加わり事業化ワーキンググループ名を変更して立ち上がりましたのでご報告いたします。