「福島県―デンマーク王国 特別セミナー」の開催報告

 「福島県⁻デンマーク王国セミナー 脱炭素・水素社会の実現に向けて」が令和3年4月21日(水)、福島県、エネルギー・エージェンシーふくしま(EAF)、駐日デンマーク王国大使館およびステート・オブ・グリーン(SoG)の共催により、オンライン形式で開催しました。
 開会にあたり、ピーター・タクソ=イエンセン駐日デンマーク大使、内堀雅夫福島県知事よりご挨拶(事前収録動画配信)を頂きました。
 続いて、エルセベット・ソンダーガード・クローネデンマークエネルギー庁国際協力センター長官、井出孝利福島県副知事にご講演(事前収録動画配信)いただきました。
 最後のパネルディスカッションでは、水素社会の実現に向けて取り組むデンマークと福島県の現状と課題について、議論がなされました。脱炭素社会・再生可能エネルギー100%を目指す福島県と再生可能エネルギー先進国であるデンマークの連携が大切であることと、水素利用の実用化におけるコスト面の問題解決の道などについて意見が交わされました。
 お忙しい中多くの皆様にご参加いただき有難うございました。

【開催内容】
 1 開会挨拶
   駐日デンマーク王国大使 ピーター・タクソ=イエンセン (事前収録動画配信)
   福島県知事 内堀 雅雄 (事前収録動画配信)
 2 講演
   「2030年CO2削減70%に向けたデンマークの取り組み 」(事前収録動画配信)
     デンマークエネルギー庁国際協力センター⾧官 エルセベット・ソンダーガード・クローネ
   「再生可能エネルギー先駆けの地を目指して ~福島の挑戦~ 」(事前収録動画配信) 福島県副知事 井出 孝利
 3 パネルディスカッション
   テーマ:再生可能エネルギー先進国であるデンマークと再生可能エネルギー先駆けの地を目指す福島県が連携して
       取り組む水素社会の実現に向けての現状と課題
   モデレーター:ステート・オブ・グリーン⾧官 フィン・モーテンセン
   パ ネ リ ス ト:Hydrogen Denmark ⾧官 タイス・ラウストセン・イエンセン 氏
         (国研)産業技術総合研究所 福島再生可能エネルギー研究所(FREA)
             再生可能エネルギー研究所センター 研究センター⾧ 古谷 博秀氏
         エネルギー・エージェンシーふくしま代表 服部 靖弘 

ピーター・タクソ=イエンセン   駐日デンマーク大使

内堀福島県知事

モデレーター・パネリスト