「エネルギー関連産業国際見本市ドイツ “E-world energy & water 2022”」出展企業募集開始のお知らせ

 来年2月8日から10日まで、福島県と再エネ分野での連携覚書を締結しているドイツ連邦共和国・ノルトライン=ヴェストファーレン州(NRW州)において、ヨーロッパ最大級の規模を誇るエネルギー関連見本市「E-world energy and water2022」が開催されます。
 福島県では、再生可能エネルギー関連産業の育成・集積に向けて、県内企業の海外進出、優れた技術・製品の海外への販路拡大を支援していますが、その一環として、今年度も「E-world energy and water 2022」に福島県ブースを出展することとし、共同で出展する福島県内企業の募集を開始いたします。
 海外への販路拡大を希望される企業の皆様にはまたとない機会です。
 多くの会員の応募をお待ちしております。

◆ E-world energy and water 2022の概要
  会期 令和4年2月8日(火)~10日(木)
  場所 ドイツ連邦共和国NRW州 エッセン市 「メッセ・エッセン」
  出展者数・来場者数 813社(25か国)、25,000人超(2020実績) 
  【見本市の特徴】 
   2001年より、ドイツNRW州エッセン市で開催されるエネルギー関連では、ヨーロッパ最大級の展示会。
   NRW州政府機関、大手エネルギー関連企業が協賛に名を連ねるなど、NRW州をあげて開催を支援して
   いる見本市。
◆ 公募期間 令和3年11月12日(金)~12月3日(金)
◆ 募集対象企業等
 ① 福島県内に本社、支店、営業所又は製造拠点等を有すること
 ② 再生可能エネルギー分野での独自技術・製品等を保有すること
 ③ 海外企業との取引を希望する企業
 ④ 再生可能エネルギー関連産業推進研究会会員又は入会見込みの企業
 ⑤ その他 ・出展者打合せへ参加すること。
       ・見本市出展に当たっての各種準備について、役割の一部を担うこと。
       ・見本市後の商談成果等追跡調査へ協力すること。
◆ 出展の形式 「福島県ブース」として、福島県、福島県内企業との共同出展
◆ 出展企業数(予定) 5社程度
  出展申込書の内容や技術・製品等について、審査会において書面、プレゼンによる審査を行い、
  出展者を決定します。
◆ 出展費用等 
  出展者 出展に係る各社の航空券・宿泊代、展示品の輸送費、現地での交通費、
      カタログ等自社販促物品の購入費、会議参加費等
  福島県 見本市出展料、ブースデザイン料・設営料等
◆ お問い合わせ・お申し込み 
  詳しくは別添募集案内をご覧ください。
  お申し込みは、「出展参加申込書」を、エネルギーエージェンシーふくしままで持参、
  郵送又はE-mailにより提出してください。
  電話024-963-0121 Email:e.a.fukushima@f-open.or.jp 

(PDF) :E-world2022_福島県ブース出展企業募集チラシ
(Word):E-world2022 出展参加申込書