企業力向上に向けた専門組織

企業力向上に向けた専門組織

コーディネーター紹介

柿崎 隆夫チーフコーディネーター

担当

県内再エネ関連企業の支援全般、再エネ分野への新規参入企業の支援、
エネルギーネットワーク、スマートコミュニティ、地中熱利用システムなどの分野別事業支援など

得意分野

博士(工学) ICT関連システムおよびサービス、
FEMS 各種機械システムのモデリング
機械工学・システムダイナミクス、
再生可能エネルギー利用システム、ロボットシステムなど

自己紹介

通信系企業の研究開発部門、事業化部門およびICT商品の販売戦略の後、工学系教員を10年間経験し、現在に至っています。
これまでセンサ援用ロボットシステムの研究実用化、インターネットを活用したFAシステムの見える化、WEB会議システムや遠隔ツールの事業、大学では再生可能エネルギーを活用した持続可能な各種機械システムの研究、文科省及びNEDOのプロジェクトでは地中熱利用システムの研究開発を担当してまいりました。
EAFでは県内企業の主として国内ビジネスの支援、技術開発の支援、エネルギーネットワーク事業への新規参入支援、県内スマートコミュニティ事業の拡大などをミッションにしており、今後とも研究会メンバー企業の皆様にきめ細かいサポートを提供できるよう努力してまいります。

小熊 正人チーフコーディネーター

担当

海外支援全般、バイオマス利用

得意分野

工学博士
エネルギー・動力システム、地域冷暖房、環境関連設備
再生可能エネルギー熱利用分野

自己紹介

昨今、東日本大震災を契機に再生可能エネルギーの必要性が叫ばれながら、その利用における環境には厳しいものがあります。しかしながら、世界のグリーンエネルギー化の動向から考えますと、間違いなく再生可能エネルギーの利用を促進していかないといけません。このような状況を踏まえ、海外の先進地域の再生可能エネルギー関連産業との協働や、福島県の産業集積には欠かせない地産地消型技術を支援しながら、国内ならびに海外に向けた福島県発の再生可能エネルギー技術の普及に努力して参ります。

小林 俊行

小林 俊行コーディネーター

担当

風力、バイオマス

得意分野

半導体生産技術及びデバイス技術
品質管理及び環境マネジメント・システム
ものづくり支援

自己紹介

外資系半導体会社に31年間勤務、プロセス技術、メモリ製品技術、デバイス技術分野から半導体製造部門、生産管理、品質保証部門、環境施設部門を経験。各専門的な立場からものづくりの支援が可能。 また、企業目線でのものづくり企業支援の経験を活かし、風力、バイオマス関連産業を担当して集積を進めており、ビジネス、コミュニケーションの両面から県内企業の支援を行っています。

山田 耕一郎

山田 耕一郎コーディネーター

担当

ふくしま再生可能エネルギー産業フェア、国内の展示会など

自己紹介

29年4月から3年間、エネルギー・エージェンシーふくしまの事務局長として様々な経験をさせていただきました。
今年の4月から「ふくしま再生可能エネルギー産業フェア」や国内の展示会を担当します。REIFふくしまや国内の展示会を通じて、福島県の企業の皆さんの販路拡大に貢献したいと考えています。

渡部 修

渡部 修コーディネーター担当

担当

再エネ関連技術実証支援事業管理業務、水素、地中熱

得意分野

博士(工学)
有機化学、高分子化学、天然物化学、品質工学

自己紹介

福島県の公設試験研究機関に37年間勤務し、プラスチックをはじめとする高分子材料の成形加工・分析・複合材料、および漆をはじめとする天然多価フェノール化合物の活用に関する技術支援・研究開発等を行いました。加えて、再生可能エネルギー関連産業への行政支援も経験しました。ものづくり企業のための支援を通して福島県を元気にしたいと考えています。

藤本 智

藤本 智コーディネーター

担当

事業化支援、太陽光、水素

自己紹介

前職では化学系の会社で、主に微生物培養、機能性樹脂分野での仕事に携ってきました。また、企画部門で海外を含む他社との連携に関わる交渉や事業計画の検討を担当してきました。
再生可能エネルギーの普及拡大は、日本にとって今後ますますその重要性が増していきますが、その実現には多くの課題があるのが現状です。福島県が取り組んでいる再生可能エネルギー利用拡大のための産業集積に貢献できるよう、県内企業の支援業務に努めてまいります。

小野 洋明コーディネーター

担当

参入企業支援、地中熱、蓄電池、エネルギーネットワーク

自己紹介

前職では電機系メーカーで、主に情報記録技術の研究開発、車載用・定置型蓄電池の開発設計・商品化・保守サービスなどに携わってきました。
再生可能エネルギーへの注目は日増しに高まっており、国際的なSDGsの採択や政府の2050年カーボンニュートラル宣言などもあり関連するニュースが毎日のように配信されています。福島県においても高い目標を掲げてその導入が推進されつつあり、県内企業の参入支援や事業化プロジェクト推進により、次世代につながる産業の育成に向け努力してまいります。

勝沼 哲郎コーディネーター

担当

事業化支援、エネルギーネットワーク、スマートコミュニティ、太陽光

得意分野

組み込みソフト
プロセス改善

自己紹介

前職では装置の会社で、主に製品の組み込みソフトウェアの開発に携ってきました。また、仕事の遂行に必要となりますプロセス改善なども対応してきました。中国のソフトウェア会社へ4年間の駐在も経験しております。
大きく明るい未来と、遂行するのにたくさんの課題のある再生可能エネルギーの推進に福島県の皆さんとともに頑張ってまいります。

橋本 典男

橋本 典男コーディネーター

担当

海外支援、研究開発補助事業(海外連携)

自己紹介

これまで、海外との地域間交流、産学連携や展示会をはじめとしたMICEの誘致、開催・出展支援などに携わってまいりました。
県内企業の皆様の販路拡大や海外企業との連携に貢献できますよう、海外諸地域との連携や研究開発の支援に努めてまいります。

アンドリュー バーチ

アンドリュー バーチコーディネーター

担当

風力発電関連分野の海外先端技術調査と導入、風力

得意分野

研究とデータ解析、材料科学とリスクとセキュリティの計画。

自己紹介

私は再生可能技術で5年の経験があります。スマートコミュニティ開発、波力と風力力エネルギー、エネルギーグリッド分析の経験を持っています。私は英国の企業や地方自治体を代表してプロジェクトに取り組み、この経験を福島県にもたらします。

冨田 康男

冨田 康男フェロー

担当

特命事項

得意分野

技術経営学(MOT)修士
(ビジネスモデル・マーケティング・事業戦略マネジメント)
伝熱工学・熱交換・プラントシステム
機械工学・メカトロシステム

自己紹介

福島県の「再生可能エネルギー先駆けの地 ふくしま」取り組み開始当時から、再エネ関連産業への参入や事業化を目指す地元の企業様や研究機関・自治体などとの連携活動や事業化促進などの支援をさせて頂いて参りました。
これからは、2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現に向けた政府宣言を受け、従来以上に再エネ・水素など新エネルギーが次世代のエネルギーとして脚光を浴び、新たなビジネスモデル創出の絶好の機会となります。ついては、これら皆様とともに乗り越えていかなくてはならない様々な課題の解決に向けて、精一杯取り組んで参る所存です。