企業力向上に向けた専門組織

企業力向上に向けた専門組織

コーディネーター紹介

冨田 康男

冨田 康男チーフコーディネーター

担当

コーディネート業務全般統括、水素、太陽光

得意分野

技術経営学(MOT)修士
伝熱工学・熱交換・プラントシステム
機械工学・メカトロシステム

自己紹介

福島県「再生可能エネルギー先駆けの地 ふくしま」取り組み開始当初から、再エネ事業化を目指す地域企業様と大学等研究機関とのマッチング活動や事業立ち上げ等の支援をさせて頂いております。当エネルギーエージェンシーふくしまの業務は多岐にわたりますが、各コーディネーターがそれぞれの専門ノウハウを最大限に発揮し、地域企業の皆様のご期待とご要望に応えることができるよう精一杯サポートして参ります。

柿崎 隆夫チーフコーディネーター

担当

再エネ研究会、エネルギーネットワーク、地中熱、海外支援

得意分野

博士(工学) 情報通信サービス、
FEMS 各種機械システムのモデリング
機械工学・システムダイナミクス、
再生可能エネルギー利用システム

自己紹介

これまでセンサ援用ロボットシステムの実用化、インターネットを活用した生産システムの見える化やFEMS、さらには再生可能エネルギーを活用した持続可能な各種機械システムの研究、最近では文科省及びNEDOのプロジェクトでは浅層を生かした地中熱利用システムの研究開発並びに実用化を担当してまいりました。
今日、FITほか再生可能エネルギー利用を取り巻く環境は激変しつつあり、福島県における関連産業活動も新しいステージに突入していきます。このような国内外の状況を踏まえて、研究会メンバー企業の皆様にきめ細かいサポートを提供できるよう努力してまいります。

小林 俊行

小林 俊行コーディネーター

担当

風力、バイオマス

得意分野

半導体生産技術及びデバイス技術
品質管理及び環境マネジメント・システム
ものづくり支援

自己紹介

外資系半導体会社に31年間勤務、プロセス技術、メモリ製品技術、デバイス技術分野から半導体製造部門、生産管理、品質保証部門、環境施設部門を経験。各専門的な立場からものづくりの支援が可能。 また、企業目線でのものづくり企業支援の経験を活かし、風力、バイオマス関連産業を担当して集積を進めており、ビジネス、コミュニケーションの両面から県内企業の支援を行っています。

保科 昇コーディネーター

担当

ふくしま再生可能エネルギー産業フェア

得意分野

生産技術、自動化設備
製造プロセス改善、製造技術
製品事故原因解析と対応

自己紹介

39年間、電子部品関連の県内企業に勤務しました。入社当社は生産技術を担当し新規製品の製造プロセス開発及び試作設備、量産設備の設計、製作、導入立ち上げをしていました。また市場での製品事故に対しての原因解析をして問題点把握と対策案を作成し製造プロセスへのフィードバックを行うような業務も行いました。また海外工場建設、立ち上げなどを担当した関係上、渉外や総務周りの業務の経験もあり、「ふくしま再生可能エネルギー産業フェア」の企画・運営を担当しています。この再エネ産業フェアを通じて福島を元気にして行きたいと思います。

清松 美穂

清松 美穂コーディネーター

担当

海外再生可能エネルギー全般、
バイオマス

得意分野

海外企業等との連携

自己紹介

エネルギー・エージェンシーふくしまは、ドイツを始めとする海外の再生可能エネルギー支援機関や企業、大学などと幅広く連携をとっております。海外への販路開拓をご検討中の皆さま、お気軽にお問い合わせください。

杉浦 文彦

杉浦 文彦コーディネーター

担当

事業化支援

得意分野

技術経営学(MOT)修士
機械工学(航空工学)
知的財産(特許出願、調査)

自己紹介

機械工学を基礎としていますが、国立大学法人での産学連携コーディネーターで技術移転業務の経験があり、他に半導体ベンチャー企業経営から機械加工の現場まで幅広い経験があります。東日本の震災以降、福島で何か貢献出来ないかと模索していましたが、ようやく念願かなってコーディネーターの職に就くことが出来ました。再生可能エネルギー事業を通して、地元企業の経営向上と雇用拡大のために頑張ります。

水内 澪サブコーディネーター

担当

海外再生可能エネルギー全般

得意分野

海外企業との連携

自己紹介

大学院で環境保護に関する国際条約を中心に研究をしており、その関係で再生可能エネルギーとの関わりを持つにいたりました。
英語がセミネイティブであることを生かして、福島県内の企業と海外の企業との調整を行うことで企業の販路開拓及び情報交換を支援いたします。気軽にお声がけください。

箱崎 亮瑛サブコーディネーター

担当

風力、バイオマス、地中熱利用

得意分野

社会学(地方都市・農山村の持続可能性)

自己紹介

福島で生まれ、福島で育ちました。大震災を経験したことから、大学では地方都市や農山村がどのように自立し、持続可能性を得ていくのかについて研究しました。
特に、農林業と結びついたバイオマス熱電利用に注目し、それを実現させるための人々のつながりを作る社会的な仕組みについて、ドイツの事例などから学んできました。
まだ、経験は浅いですが、サブコーディネーターとして、地域の特性を活かした再生可能エネルギー関連産業の事業化についてご提案できるように努力してまいります。