受付中

「令和5年度 第3回バイオマス分科会」開催のお知らせ

福島県内の大型バイオマス発電では、輸入材による木質燃料利用が増加しています。しかしながら、木質燃料価格の高騰、県産材由来の燃料取引量の低さ、小型木質ガス化発電における燃料に起因するトラブルなど、県産材を中心とした木質バイ…

受付中

「令和5年度 第3回風力分科会(視察)」開催のお知らせ

福島県では、再生可能エネルギー推進ビジョンに基づき、共用送電線事業および阿武隈風力発電事業等の推進により、再エネ導入拡大を図っており、全国でもトップクラスの陸上風力発電設備の導入が見込まれています。総発電容量約14万7千…

募集終了

「令和5年度 第3回太陽光分科会」開催のお知らせ

今回の分科会では、「太陽光発電と省エネ・エネマネ」と題して、専門家の皆様をお招きし、太陽光発電とエネルギーマネジメントの観点から、市場の動向や最新情報についてご講演いただきます。 また、県内でのPPA事例、海外でのVPP…

募集終了

「令和5年度 第3回エネルギーネットワーク分科会」開催のお知らせ

福島県再生可能エネルギー関連産業推進研究会では、来月7日(水)に今年度3回エネルギーネットワーク分科会を開催します。 2050年カーボンニュートラルの実現には、再生可能エネルギー導入の拡大に伴う電力の安定供給が重要になっ…

募集終了

「令和5年度 第2回バイオマス分科会(視察)」開催のお知らせ

地域におけるカーボンニュートラルあるいはカーボンネガティブの実現を果たす役割が、地産地消を特徴とするバイオマスに期待されています。福島県内においては、未利用材や輸入材による木質バイオマス利用を中心に普及してまいりましたが…

募集終了

「令和5年度 第1回エネルギーネットワーク分科会(視察)」開催のお知らせ

2050年カーボンニュートラルの実現に向けて、再生可能エネルギーの地産地消を促進し、電源分散による災害時のエネルギー源の確保、防災力向上に貢献する地域マイクログリッドは、全国各地で導入が進んでいます。 今年度第2回のエネ…

募集終了

「令和5年度 第1回バイオマス分科会」開催のお知らせ

地域におけるカーボンニュートラルあるいはカーボンネガティブの実現を果たす役割が、地産地消を特徴とするバイオマスに期待されています。 バイオマスは、福島県内では未利用材や輸入材による木質バイオマス利用を中心に普及してまいり…

募集終了

「令和5年度 第1回太陽光分科会」開催のお知らせ

福島県再生可能エネルギー関連産業推進研究会では、今年度1回目となる太陽光分科会を、来月7日に開催します。 今回の分科会では、「太陽光発電の導入拡大に向けたさまざまな発電事業モデル」と題して、国がリードしている公共施設等に…

募集終了

「令和5年度 第2回水素分科会(視察)」開催のお知らせ

カーボンニュートラルの実現に向けて大きな役割が期待される水素エネルギー。「福島新エネ社会構想」の中では、「水素社会の実現」が大きな柱に位置付けられ、県内では、全国に先駆けて様々な取組みが進められています。 今回の水素分科…

募集終了

「令和5年度 第1回風力分科会」開催のお知らせ

国の洋上風力発電の導入目標は、2030年までに1,000万kW、 2040年までに3,000万kW~4,500万kW と大幅に拡大する計画です。これらを見据え、福島県では、風力発電による風力産業への集積を目指し、部材の供…

会員ログイン