企業その他(環境コンサルタント)
(株)エナジア
[エナジア]

興味のある分野

  • 太陽光
  • バイオマス

基本情報

代表者 代表取締役 白石昇央
所在地 〒963-8033 福島県郡山市亀田二丁目11-21
従業員数 5名
TEL 024-933-7077
FAX 024-933-7066
ホームページ http://www.energia-jp.com
主要取引先 ゼネラルヒートポンプ工業株式会社
連絡担当者
Warning: Use of undefined constant person - assumed 'person' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/eaf01/energy-agency-fukushima.com/public_html/wp-content/themes/energy-agency-fukushima/single-member.php on line 161
再生可能エネルギー事業本部 佐藤 篤
E-mail sato@enagia.co.jp
主な事業・営業品目 ・地中熱をベース熱源とし、あらゆる再生可能エネルギーをミックスした地域熱電供給事業開発によるフクシマ復興の見える化促進と産業創出
・低価格・ハイパフォーマンスの熱交換器の販売
主な製品・技術等 技術開発メーカーと連携したフクシマ発→国内外への新技術概念導入による低価格・短納期・高熱伝導率熱交換器の実証と開発

再生可能エネルギー分野の取組

PR・挨拶

地域特性及び地域に賦存する再生可能エネルギー資源を組み合わせ、小規模・自立・分散型の再生可能エネルギー施設導入・普及・拡大による『産業創出』過程を経た、新たな都市・コミュニティーの創生を目指す。エナナジアは現地調査からシステムの設計、補助金申請、設備導入などのプロジェクト全体の取りまとめ、事業企画開発、運営、設備施工を行う
大規模災害による電力喪失時にも小規模・自立・分散型の電力・熱供給施設『地域熱電供給施設』の事業構築を柱とし、フクシマ復興の見える化と南海トラフ大地震の防御策の同時化を目指す
24 時間冷暖房・給湯の必要性が常態化する『熱エネルギー大消費時代= 高齢化社会』の到来を見据え、地中熱を【ベース熱源】とした再生可能エネルギー・ミックス事業の多拠点化を推進する

これまでの実績

・平成25年11月『社会福祉法人創生福祉事業団 表郷「聖・オリーブの郷」』(福島県白河市)地中熱利用システム事業実施
・平成26年9月『かえるかわうち・メガソーラー発電所(2.6MW)』(福島県川内村)事業主体として実施 ※売電益の一部(1億円)を村のかえるかわうち復興支援バス事業に充当します
・平成26年10月『愛知県大口町立期待保育園改築事業』(愛知県大口町)地下水熱利用システム導入事業実施
・平成27年6月『大口町地球温暖化対策実行計画(区域施策編)』策定業務委託
・平成27年11月『おとぎの宿米屋』(福島県須賀川市)温泉排熱利用システム導入実施

具体的提案

地中熱を【ベース熱源】とした再生可能エネルギー・ミクス事業の多拠点化を推進する為、現地調査からシステムの設計、補助金申請補助、設備導入などのプロジェクト全体の取りまとめ、事業企画開発、運営、設備施工を行う