「福島県再エネ研究会令和2年度第3回エネルギーネットワーク分科会(オンライン開催)」のお知らせ

 政府の2050カーボンニュートラル宣言などを踏まえ改定された福島新エネ社会構想では、分散型再エネを基盤とした未来社会の創出を今後の再エネ社会実現に向けた柱の一つとして掲げており、FIT後をにらんだ分散型エネルギー源および蓄電池によるマイクログリッド構築、そして自家消費型の再エネ利用システムによる地産地消の実現に向けた

会員専用コンテンツにつき閲覧にはログインが必要となります。ログインしてからご利用ください。

会員ログイン