「令和3年度 太陽光・エネルギーネットワーク合同分科会」開催報告

 令和3年度 第2回太陽光・エネマネ分科会を12月17日(金)に実施。100名を超える申し込を受け、リモートで開催されました。  2050年のカーボンニュートラル実現に向け、国では2030年までに100GWを超える水準の太陽光発電の導入を目指すとされています。急激な導入拡大に伴い、設備の不具合による事故、景観や土砂災害

会員専用コンテンツにつき閲覧にはログインが必要となります。ログインしてからご利用ください。

会員ログイン