令和元年度 第3回風力分科会 開催のご案内

~ 拡大する国内風力発電市場の現状と今後の展望~

福島県内では、阿武隈風力発電事業をはじめ多くの大規模風力発電事業プロジェクトが進められています。これらを絶好の機会ととらえ、福島県では県内企業による風力発電関連部材の供給やメンテナンス分野への進出、風力発電事業を担う人材の育成など、県内における風力産業の集積を支援しています。
今回の風力分科会では、県内の風力発電事業の現状を広く会員の皆様と情報共有するとともに、今後風力発電事業の主流になると予想される国内での洋上風力発電市場の現状と今後の展望について風力分野の専門家より紹介していただきます。さらに、風力発電の先進国ドイツより風力メンテナンスの専門家をお迎えし、ドイツにおける陸上、洋上風力メンテナンスの人材育成について紹介していただくとともに、福島県内で風力発電事業を展開している事業者から、風力メンテナンスの取組みについて紹介していただきます。
風力産業への参入を目指す、関心を持たれている会員企業の皆様には
またとない機会です。多くの会員の皆様のご参加をお待ちしています。

【概要】
1 日 時 令和2年2月4日(火)14:00~16:20   (交流会 16:20~16:50)
2 場 所 (国研)産業技術総合研究所 福島再生可能エネルギー研究所
本館1階 FREAホール(郡山市待池台2-2-9)                                    3 内 容
(1)開会あいさつ                    14:00~14:05
福島県再生可能エネルギー関連産業推進研究会風力分科会長
(2)拡大する県内の風力発電事業    14:05~14:10
(公財)福島県産業振興センターエネルギー・エージェンシーふくしま
(3)日本の洋上風力発電市場の現状と今後の展望について    14:10~15:00
(一社)日本風力発電協会
(4)(仮)陸上、洋上風力メンテナンス人材育成と今後の展望※     15:00~15:50
Renewable Skills & Consulting GmbH (RSC) Warren Aspinall 氏
(5)(仮)発電事業者の風力メンテナンス事業           15:50~16:20
(株)ユーラステクニカルサービス
※(4)は逐次通訳                                                             4 申込締切  令和2年1月31日(金)必着
5 参加定員  50名(先着順、定員になり次第終了)
6 参 加 費  無 料(交流会参加の方は500円)

開催案内:第3回風力分科会 開催案内チラシ

参加申込書:第3回風力分科会(参加申込書)