令和2年度 第1回バイオマス分科会 開催報告

令和2年8月28日(金)14:00~16:30、新型コロナウイルス感染拡大防止対策が取られる中、「福島県再生可能エネルギー関連産業推進研究会」第1回バイオマス分科会が、郡山商工会議所にて企業・団体・市町村・個人、約50名参加のもと開催しました。

自治体・官民一体型のバイオマスエネルギー地産地消モデルを議論するため、昨年公表されたカーボンリサイクル技術ロードマップにおけるバイオマスの位置付け、国立環境研究所の三島町での取組事例、またバイオマス産業都市の制度や福島県の再エネ設備導入支援制度を紹介しました。SDGsの一翼を担うバイオマスの利活用・導入を検討されている会員企業の皆様、市町村・団体の皆様にとって有意義な機会となったと思います。

【セミナー➀】国立研究開発法人 産業技術総合研究所 エネルギー・環境領域長補佐 <ゼロエミッション研究戦略部担当>の 坂西 欣也様より、国レベルでのカーボンリサイクル技術の取組み、カーボンニュートラルとしてのバイオエネルギーへの期待について貴重なお話を聞くことが出来ました。

【セミナー②】農林水産省 東北農政局 経営・事業支援部 食品企業課 バイオマス事業係長 佐藤 智行様より、バイオマス産業都市について、本日ご参会の自治体、企業の皆様にとっても、大変理解が深まったものと思います。 福島県からはまだバイオマス産業都市の名乗りが残念ながらありません。この機会に、自治体様でご検討頂ければ幸いです。

【セミナー③】国立研究開発法人国立環境研究所 福島支部 フェロー 大原 利眞様、 地域環境創生研究室 研究員 中村 省吾様、お二方より、震災直後から福島県とは関係の深い研究を行ってきたこと、理解が深まりました。 また、県内各自治体様との取組事例など、ご参会の自治体様にとって大変参考になったと思われます。

【セミナー④】福島県企画調整部 エネルギー課 主事 大越 魁様より、再エネ導入、特にバイオマスの導入をご検討の企業様、自治体の皆様には興味のある支援制度の紹介でした。